神戸市

神戸市役所は「副業人材」40名を募集開始します

神戸市は、広報に関する専門的なスキルや知識を持つ「副業人材」40名を9月24日(木)より公募します。
神戸市はこれまでも、「チーフイノベーションオフィサー」や「クリエイティブディレクター」など、専門的なスキルや知識を持つ民間人材をジョブ型雇用として積極的に登用してきました。
今回新たな取り組みとして、民間企業で活躍する社員やフリーランスとして働いている副業人材に「HPのモニタリング」、「動画の企画」などの広報業務をオンラインで委託します。
なお、神戸市が副業人材を採用するのは、本公募が初めてとなります。
今回の公募での業務は、原則として「オンラインでの業務が可能」であり、東京などにお住いでの方でも時間・場所にとらわれる事無なく、神戸市役所の業務に携わっていただけます。
これまでのご経験やスキルをぜひ神戸市の業務で活かしていただきたく、皆様からのご応募をお待ちしております。

神戸市長からのメッセージ

社会情勢が大きく変化していくなかで、神戸市は、これからもにぎわいと活力のある街でありつづけるため、次代を担う若者に選ばれる魅力的な都市を目指しています。
そこで、民間企業で働いている方々の知識・スキルを生かす「ジョブ型雇用」を導入してきました。さらに、Withコロナの時代となり、テレワークが拡大するなど働き方がさらに多様化し、これまでと較べ「副業」という働き方が持つ価値が大きく変化しています。
東京など全国の方々に、神戸の仕事をしていただくことで、市民サービスの向上にもつながると確信しています。私たちに共鳴してくださる方々の力を集めることで、神戸市を更に魅力的な街にしていきたいと考えています。